安すぎる・・auからDMMモバイルへ。初めての格安スマホで月額料金は1360円に!

PC・ガジェット

tmb_fujitsu-arrows-m02
先週、格安スマホのarrowsM02を購入して、初めて格安SIMで使いはじめました。

これまで使ってきたのはiPhone5s(au)です。MNP一括0円、月々割2835円という好条件だったので、auなのに、これまで月額3500円で運用できていました。
この月々割が1月で終わります。

auに変える割なども終わるので、月々の負担は一気に7000円以上になってしまいます。

好きな物にはお金をかけても良いが、固定費はなるべく安く抑えるというのが私のモットーなので、auはガラケーにして、スマホは格安SIMで運用することにしたのです。

また、スマホでサイトを閲覧するのは仕事上のものばかりですし、仕事とプライベートで携帯を分けたいとも思っていたので2台持ちになることにも、抵抗はありませんでした。仕事用携帯は経費にできますし。

格安SIMを契約しようと思ったら、沢山の会社があり、どこが良いんだろうかと迷ってしまいましたが、色々調べていくうちに、自分にぴったりなのは、DMMモバイルという結論になりました。

スポンサーリンク

DMMモバイルを選んだ理由

私は、とにかく安くするために、格安SIMを使いたいと思いました。ただ、格安SIMを使うときに心配なのが通信速度です。いくら、安くても速度が遅ぎたら安物買いの銭失いですからね。

通信速度は気にするだけ無駄

結論からいうと、通信速度はどの会社も大差はないです。
多くのサイトでスピードテストを行い、結果を載せていますが、サイトによって速いところはバラバラです。結局、時間や場所で結果が変わるということです。

一時期、「freetelが遅すぎる」と言われたこともあるみたいですが、今は改善されているみたいですし、「速い!」と言われたIIJも、最近ではDMMや楽天モバイルに負けることもあるようです。

速いか遅いかは、利用者の数や利用状況で変わります。今、速いと評判になっていても、人が増えれば遅くなりますし、遅くてもMVNO側で補強すれば速くなります。

つまり、今の口コミや評判を気にしても意味がないということです。

格安SIMとして有名なきちんとした会社を選べば、どこを選んでも大差はないですし、多少速いか遅いかははっきり言って運だと思います。

ちなみに、私がやってみたスピードテストでは、このような結果になりました。

使っている実感でも、auのiPhoneと別に差は感じません。

料金で選ぶなら絶対にDMM

通信速度にも大差はないですが、料金も各社似たようなものです。だいたい3GBの通話SIMで1600円前後です。

ただ、大差がない中でも、一番安かったのがDMMモバイルでした。DMMモバイルの料金を確認したい人はこちら

たとえば3GBの通話SIMだと1500円と、100円ほど他社より安いです。

私は、家ではwifiで使うので、1GBプランを契約しました。これだと1260円です。税込みだと1360円。

1月は、日割り料金だが、端末代が加わるので高い。
ryoukin1

2月の請求見込み額。
ryoukin

ドコモ、au、ソフトバンクの料金と比べると本当に安いです。私の場合は、プライベート用のauガラケーの維持費が1000円ちょっとかかりますが、普通の人は、格安スマホだけにして、携帯1000円代というのも十分に可能です。

それでいて、使い心地には、変化がないわけですから、これまで高いお金を払ってきたのは何だったんだ?という気持ちにさえなります。

ただし、格安SIMを契約する際には、どこも事務手数料というのが最初にかかります。

これがどこも横並びの税別3000円。安く使いたくて格安SIMにするのだから、これくらいまければ良いのにと思いますが、ほとんどの会社がきっちり取ってきますね。

ただし、楽天モバイルは、端末を購入して契約すると楽天ポイントが最大3000円ポイントもらえたり、初月の料金が無料になったりします。

楽天モバイルには1GBブランというのがなく、一番少ない高速プランだと3.1GBプランです(ベーシックプランは通信速度200kbpsなので、さすがに話になりません)。なので、2GB、3GB使うという人は、楽天ポイントや初月無料分を考えると楽天モバイルにしたほうが安いですね。

次回の記事では、購入した端末arrows M02について書いてみます。

コメント